LOG IN

詩#26

by 久米島の松川家

『ぼくらの小さな恋話』

大切なものは

瞳に映らないんだって

ある王子様が教えてくれた

それはとても素敵で

間違ってないと思うけど

じゃあ私は見えてないの?

って拗ねるから

ひとつ加えよう

目の前にいて欲しいと思う人は

触れられる大切だよって

そんな話でケラケラ笑う

半袖と長袖とで迷うような

穏やかな天気の休日の話

OTHER SNAPS