LOG IN

詩#20

by 久米島の松川家

『手』
わたしの手は
すらっと指も伸びてないし
子供みたいに小さい
でも
頭を撫でてあげることもできる
まぶしい光にシャッターを切ったりもする
友人にメッセージを送ったり
そっと触れたり
人を少し温かくすることができる


久米島の松川家
OTHER SNAPS