LOG IN

鬼餅

by 久米島の松川家

はいさい
松川家の嫁です。
もう、2月の節分ムード。また全国のキッズが泣き叫ぶのでしょう(笑)
その前に1月の久米島の行事を今さら紹介です。
写真の、、、なに?笹の葉餅?みたいなやつです。
やつの名前は漢字で書きました読めますか?

材料はこれ。
月桃の葉っぱと もち粉(白玉とか作るやつ)と  紅いもパウダー色だけで味はないです。
もち粉と紅いもパウダー混ぜて練って月桃にくるんで蒸して

出来上がり!

タイトルの写真のようになります。
読み方は  ムーチー  と読みます。
餅を沖縄イントネーションにしたらムーチーなんですかね?

そのムーチー、由来が実は過激!!!

それはある兄妹の話。

兄が鬼になって人を食べてしまうようになりどうにかして止めようとした妹が、、、一度は止めようと失敗。
そしてリベンジ!
崖で餅食べよう!と兄を誘います。
兄はついてきて餅を食べていると、妹が、、、兄に告げます。
女には口が2つあるんだよ。と。
一つは餅を食べる口。(顔についているやつ)もう一つは、、、

鬼を食べる口だよー! 

と、何故か(笑うところじゃないけど笑える)着物をペロン!とめくって女の子の大切なところを露に!!
兄はびっくりして海に落ちたとか。
そんな顛末。

それが転じて、無病息災とかを祈り食べる風習になったんですかね。
健康を祈ってムーチーは食べられます✨うーん、沖縄は色々掘り下げると楽しいですね。
では!またー


久米島の松川家
OTHER SNAPS